充電式ハンディクリーナー コーボルト VC100S フォアベルク

この美しいスタイルに一目惚れ

使い込んでみて、ドイツ家電らしい「真面目な基本性能」の虜になりました

はじめて「スタイリッシュ」と思えた
ハンディクリーナー。

正直言うと、このVC100Sに出会うまでは、ハンディクリーナーにいい印象が無かったんです。

ハンディクリーナーはメインで使う掃除機ではないのかもしれないけど、本来ならちょっとした掃除の時に活躍する便利な主力アイテムのはず。なのに、殆どのハンディクリーナーは「格下掃除機」のようなクオリティのものばかりで、デザインも性能も微妙。買っても、すぐに使わなくなっていました。

でも、コーボルトのハンディは違いましたね。

とにかく、この曲線が美しい光沢感のあるスタイルに一目惚れ。シンプルで使い易い操作系。軽いのにビー玉を何個も一気に吸い込むパワフルな吸引力。

こんなにも存在感のあるハンディクリーナーは初めてです。

タテ置きで充電できる
新しいスタイルが美しい。

最近のハンディクリーナーは殆どが充電式。でも、その充電器がカッコ悪くて、リビングの人目の付くところには置きたくないようなものばかり。

でも、コーボルトは違うんです。

VC100Sの優れているところのひとつが、充電器(充電台)にあるんですよ。この本体が垂直に立っている姿が、ひとつのインテリアのようでとっても映えるんです。このままリビングに置いても恥ずかしくない、むしろ見せたいくらいの洗練されたフォルムでとても気に入っています。

ちなみに、フル充電すれば通常モードで約15分、ターボモードで約9分は連続使用ができます。車の中の掃除で使い続ける時はギリギリかもしれませんが、室内のちょっとした掃除で使う分には十分過ぎるくらいですね。

メンテナンスはとっても簡単。

本体はワンタッチで開閉できるのに、ガタつき感はまったく無し。

この剛性感がドイツっぽいよね。

吸引口の形状が絶妙。
強弱の切り替えは親指一本で。

VC100Sは主にリビングのリクライニングソファやクッションの掃除に使っているのですが、使っていて実感したのが吸引口がとても使い易い形状になっているということ。

吸引口が緩やかな曲線を描いていて、角が無いのでクリーナーをスムーズに動かすことができるんです。吸引口が角張っていると、けっこう突っ掛かってイライラするんですよね。

あと、本体から吸引口にかけて強いテーパーが付いていて、吸引口まわりはスリムなので、窓のサッシの掃除などもとてもやり易いですね。

操作ボタンもよく出来ています。

1回押すと通常モード、ボタンを押し続けるとターボモードになり、離すと通常モードに戻ります。シンプルで使い易いですよ。

付属品がかなり使える。
隙間用のノズルは手放せない。

VC100Sには、吸引口に取り付ける隙間用ノズルが2種類付属しています。

ひとつは細長いノズル。もうひとつがブラシの付いたノズルです。

よく使っているのはブラシの付いたノズルですね。引き戸の隙間とか、サッシまわりの掃除に重宝しています。ブラシ自体は比較的柔らかめなので、パソコンのキーボードの隙間掃除にも活躍しますよ。

ちなみに細長いノズルは狭い隙間のホコリを吸い取る時に使っています。このノズルの先にブラシ付きのノズルを差し込むこともできるので、狭いところで使いたい時には活躍しそうですね。

仕様

スペック

本体ハウジング 高品質リサイクル可能プラスチック
モーター メンテナンスフリーの直流モーター(約23,000rpm)
ACアダプタの入力電圧 AC100V 50/60Hz
ACアダプタの出力電圧 DC10.8V
モーターの定格出力 65W
質量 充電台及びACアダプタなしで650g
充電池 リチウムイオン電池 (交換不可タイプ)
吸引力・連続使用時間 通常(約15分) ブースト(約9分)
最大風量 12ℓ/秒
ダスト排出量 約0.001mg/㎥ (IEC60312に準拠)
集塵容積 約200ml
本体寸法 長さ417mm:直径82mm (充電器接続の場合8mm増)
充電時間 約4時間
保証期間 1年間

充電式ハンディクリーナー コーボルト VC100S フォアベルク

12,960円(税込) ※送料無料

私がレビューしました

酒井 勇貴

figライター 生活家電アドバイザー

痒いところに手が届く「実用性能」の高い家電が好き。技術的にスゴい家電よりも、新しい「体験」を提供してくれる家電を!

この商品のブランド情報 -フォアベルク社-

ドイツのデュッセルドルフ東部で設立された歴史あるカーペットメーカーが自社のカーペットをより美しく保つために、クリーナーの開発を始めたのがきっかけ。以降、およそ80年に渡り開発と製品発表を続け、現在では約70カ国に提供中。
メーカーサイトはこちら