ロボット掃除機 コーボルト VR200 フォアベルク

ロボット掃除機 コーボルト VR200 フォアベルク ユーザーレビュー

本レビューは旧型モデル(コーボルト VR100 フォアベルク)のレビューとなります。
最新モデルのコーボルト VR200 フォアベルクはこのページからご購入いただけます。

これまで2台のロボット掃除機をつかってきました。

「あ、ちゃんとかんがえているな」と感じられるのはコーボルトだけでした。

本当に頭脳派ですよ。

空間検知システムがすごい。
考える・進化するロボット掃除機。

ロボット掃除機を使っていて一番困るのは、カーペットの段差などでロボット掃除機が動けなくなり掃除が中断してしまうこと。

その点、VR100には大きくゴツゴツした立派なタイヤが付いていて段差には強い設計になっているので安心です。ごく一般的なカーペットの厚さ(〜2cm)ぐらいだったら難なく乗り越えてしまうので、ラグが敷いてあるような部屋でも安心して掃除を任せられますね。

もちろん、階段を落ちたりなんてしないですよ。

ちなみに、VR100のメーカーのフォアベルクはドイツの老舗のカーペットメーカーでもあるんです。そのフォアベルクが生み出したロボット掃除機なんだから、カーペットなどの段差に強いのも納得感がありますよね。

カーペットの段差を
どんどん乗り越えていくパワフルさ。

VR100は、今まで使ってきたロボット掃除機とは明らかに違う動きをするんです。

スイッチを入れると「ファン」が動くような動作音はする。ところが、しばらくまったく移動しないんです。一定時間が過ぎると掃除を開始するのですが、また止まってしまう。でも、最終的には隅々まで驚くほどキレイになる。最初はすごく不思議だったんですよ。

いろいろ調べたところ、このVR100は「止まっているとき」に独自の空間検知システムで部屋全体をスキャンして、段差や障害物を認識しているのだとか。

“平面”ではなく”空間”を把握しているから、結果的には隅々まで効率よく掃除ができる。

しかもそのシステムは定期的にバージョンアップされるから、性能が進化していく楽しみもあるんですよ。

VR100の掃除機としての基本性能は「裏側」を見ればわかる。

ほら、幅24cmもある回転ブラシは大型掃除機のヘッドそのもの。

“掃除力”にこだわっている証拠ですね

充電ステーションがスリムなのが嬉しい。
メンテナンスも簡単。

VR100以外のロボット掃除機を使っていて、今までずっと不満だったのが「充電ステーション」です。けっこう厚みがあったり、デザインが悪かったり。

その点、VR100の充電ステーションは薄型で壁にピッタリとフィット。デザインも本体との統一感があって満足度が高いですね。ちなみに充電時間は約1.5時間。これで約1時間の連続運転が可能です。

あと、ロボット掃除機は総じてゴミ捨てが面倒な傾向にありますが、VR100は本当に簡単なので心配無用です。ボディ上部の緑色のライン部分の下が大きくえぐれており、そこに手を入れて軽くひっぱればダストボックスが簡単に片手で取り出せます。

大型の二重らせん構造の回転ブラシだって、丸ごと取り外しができますよ。

自動で充電は当たり前。
掃除再開もすべて自動はコーボルトだけ。

VR100を使い続けて一番感動した機能が、この完全自動での充電・掃除再開機能。なんと、充電が不足すると自動で充電ステーションに戻り、そして充電が完了すると「掃除を中断した場所まで自ら移動」して掃除を再開してくれるんです。

この機能は今のところコーボルトだけ。

空間検知システムで部屋全体をスキャンしているから、掃除を中断した場所に戻る事ができるのでしょうね。本当にスゴイ機能です。

右の動画ではVR100が自動で充電ステーションに戻るところしか見ることができませんが、このロボット掃除機の賢さはきっと感じられると思いますよ。ぜひ一度、ご覧下さい。

ロボット掃除機 コーボルト VR200 フォアベルク 商品紹介

最先端レーザーナビゲーションシステム

  • VR200は掃除のはじめに、1秒間に1800回作動するレーザーナビゲーションシステムで部屋内の空間を検知し、可視マップを作成。家の中の約98%の障害物を自動的に検知してから、システマティックにフローリングやカーペットを効果的に掃除します。

VR200の新たな機能

  • 3つの超音波センサーを搭載しているので、障害物への接触をほぼ防げます。
  • 高さ9cmまでの隙間に入り込みクリーニングをします。レーザースキャナー部に組み込まれたバンパー機能により家具などに挟まり込んで立ち往生することもありません。
  • VR200の車輪には、乗り越え補助機能が付いていて、2cmまでの障害物であれば、難なく乗り越えることが可能です。
  • 壁際をきっちり掃除するためのアシストとなる、壁センサー。
  • VR200本体上部に折り畳み式の持ち手がついて、持ち運びにも便利。
  • 赤外線リモートコントローラーにより、電源のOn/Off、モード画面の切り替え、リモコン操作でVR200を前後左右に動かしながら部分的に掃除をすることもできます。

優れたフィルター

  • 内部には簡単にお手入れできるフィルターがセットされています。300㎠のフィルター表面部は300ナノメートル(=0.0003mm、髪の毛の太さで0.07mm)のサイズに至る、あらゆる粒子を85%の割合でキャッチ。

ダストボックスを取り出さずに、クリーニングする事が可能

  • ダストボックス内のゴミを空にするためには、本体を開けてからご家庭の掃除機でダストボックス内のゴミを吸い出すことができます。これによりダストボックスのお手入れのために手を汚す必要がなくなりました。たとえばコーボルト製品ではホームケアシステムVK130, VK140, VK150を使用していただくことがおすすめですが、他社製のお掃除機でも可能です。もちろんご自身の手でお手入れしていただくことも可能です。

ECOモードで経済運転

  • ECOモードを使用した場合には、ロボット掃除機コーボルトVR200は省エネ運転をします。これにより使用エネルギーを70wから50wに低減することができます。また騒音レベルも70dbAから50dbAに低減します。そして駆動時間が60分から90分に延長します。

PERFECT

  • ロボット掃除機コーボルトVR200であなたのお掃除が変わります。ボタンを押すだけで、面倒な掃除は全ておまかせ。タイマーをセットすればあなたが出かけている間にロボットが代わりにお掃除してくれるのです。ドイツの先進デザインと数々のテクノロジー...レーザーナビゲーションシステムとその他の革新的な機能を搭載したロボット掃除機コーボルトVR200。手間はかけたくない、けれど本格的なお掃除を実現したいあなたにぜひ。

ロボット掃除機 コーボルト VR200 フォアベルク 仕様

商品情報

入力電圧 AC100 50/60Hz
モーター メンテナンスフリーの直流モーター
風量 毎秒 12~13ℓ /秒
消費電力 平均約70W(フロアタイプによって変化)/約50W(ECOモード)
連続運転時間 最大60分/90分(クリーニングモード、フロアタイプ、家の中の状態によって異なります。)
充電時間 掃除再開約1.5時間(最大3時間:充電完了)
質量 約5kg(ロボット掃除機本体と充電ステーション)
充電池寿命 800回(充電完了時に70%を確保)

ロボット掃除機 コーボルト VR200 フォアベルク

102,600円(税込) ※送料無料

この商品のブランド情報 -フォアベルク社-

ドイツのデュッセルドルフ東部で設立された歴史あるカーペットメーカーが自社のカーペットをより美しく保つために、クリーナーの開発を始めたのがきっかけ。以降、およそ80年に渡り開発と製品発表を続け、現在では約70カ国に提供中。
メーカーサイトはこちら